あきらめない不妊治療

  • 産婦人科的に異常がないと診断されているのに妊娠しない
  • 妊娠しても流産ばかりする
  • 産婦人科での不妊治療が苦痛
  • 元気な赤ちゃんを産みたい
  • 人工受精には抵抗がある

上記のようなことでお悩みの方は栄養療法による妊娠療法が効果的です。
岡山gdm clinicでは、分子整合栄養療法による自然で身体に優しい不妊治療を行っています。

分子整合栄養療法による妊娠

不妊・流産、月経不順でお悩みの女性の殆どは栄養欠損状態にあると言っても過言ではありません。性ホルモン、子宮や卵巣などの臓器機能維持のためにはビタミン・ミネラル・タンパク質などの栄養素が不可欠です。しかし現代の女性の多くは、不適切な食事をしている場合が多く鉄やタンパク質を中心とした栄養欠損状態にあります。

産婦人科医は、栄養欠損を診断する方法(分子整合栄養医学)を学んでいないので、血液データから栄養欠損があるかどうかを診断できません。栄養欠損という概念さえない医師が大半かと思います。そのため、不要なホルモン剤投与や人工受精、体外受精によって妊娠を図ろうとします。しかし妊娠しない原因は、単なる栄養欠損が原因である場合が殆どなので、適切な治療方法は不足栄養素を至適量摂取することに尽きます。

ではどんなサプリメントでもよいかというとそうではありません。栄養療法は容量依存性に効果を発揮しますので、摂取する栄養素の量が非常に重要になってきます。容量依存性とは、細胞の分子レベルでの栄養濃度を適切に高めるためには、ある一定量以上の栄養素を摂取しないと効果が発現しないというものです。市販のサプリメントは分子整合栄養医学に基づいて設計製造されていませんので、含有量が少なすぎます。

従来の栄養学と分子整合栄養医学は似て非なるものです。従来の栄養学は、栄養所要量という厚生労働省が定めた量を基準に考えます。栄養所要量とは、脚気や壊血病などの栄養不足によって生じる疾病を予防するのに必要な最低限レベルの栄養素量ですので、細胞の分子レベルでの理想的な栄養濃度にするための量とはかけ離れているのが実情です。市販のサプリメントは栄養所要量を基準に製造されていますので、飲んでも効果がでないということがお分かりいただけるかと思います。

では市販のサプリメントを多く摂取すればいいかというとそうでもありません。栄養素は自然界に存在する配合の状態のものを摂取すると体内で効率よく働いてくれます。ビタミンEにはトコフェロールとトコトリエノールがあり、それぞれにα、β、γ、δが存在し、計8種類のビタミンEがあるのですが、市販のサプリはαトコフェロールしか含有していなかったり、合成のトコフェロールだったりします。ビタミンAなどは、私の知る限りgdmクリニック取り扱いの栄養素以外に天然の高容量ビタミンAは存在しません。つまり他社のものは全て合成ビタミンAなのです。

不妊の主な原因である鉄不足ですが、市販の鉄のサプリメントにもいろいろと問題があります。鉄は、有機鉄と無機鉄があります。有機鉄はヘム鉄ともいいますが肉やレバーなどの動物由来の鉄です。無機鉄は植物性由来の鉄です。ヘム鉄は吸収率がよいのですが、無機鉄は吸収率が3~5%くらいしかなく殆ど便中に排泄されてしまいます。

よく貧血の人の栄養指導にほうれん草やひじき、プルーンを食べましょうと言いますが、鉄不足の解消には殆ど役に立っていません。無機鉄のさらに悪い点は、鉄は遷移金属でフェントン反応を引き起こし体内で活性酸素を発生させてしまいます。病院で処方される鉄剤は全て無機鉄です。無機鉄を飲んだ方の多くは、胃が痛い・吐き気がすると言って飲めないと言われます。これは胃腸の粘膜に活性酸素がびらんを作っているからなのです。

鉄剤が飲めないのなら注射をしましょうと言う医師が殆どですが、注射の鉄はもっと危険で、血管内で大量に活性酸素を発生しますし、蛋白と結合できなかった過剰な鉄が肝臓などの臓器に沈着し生涯活性酸素を発生させてしまいます。gdmクリニックで推奨するヘム鉄は1粒に8mgの鉄を含有しています。市販のヘム鉄で1粒に10mgのヘム鉄含有と書いてあるものもありますが、それには実はトリックがあります。

ヘム鉄はヘム鉄パウダーを原料としますが、ヘム鉄パウダーの濃度は1%です。1粒にヘム鉄10mgというのは、ヘム鉄パウダーを10mg含んでいるというだけで、正味のヘム鉄重量はその100分の1の0.1mgにすぎません。ですからgdmクリニックのヘム鉄を1日3粒(24mg)飲んだ場合、市販のものなら240粒飲まないといけなくなる計算です。そんな量飲めませんし逆に割高になってしまいます。

gdmクリニックで推奨する栄養素は、分子整合栄養医学に基づいた高濃度高品質のものですので市販のサプリメントとは全く別ものだとお考えください。栄養素の過剰摂取を心配される方がいらっしゃいますが、gdmクリニックで推奨している栄養素は天然のものなので過剰蓄積の心配はありません。

薬は異物ですので解毒排泄しないといけませんが、天然の栄養素は細胞を構成する生体内物質ですので、解毒排泄する必要がなく薬のような副作用はありません。何度も言いますが、栄養療法は摂取する栄養素の量が非常に重要ですので、量の確保が妊娠の確率を高めてくれます。

ただ妊娠することがゴールではありません。元気な赤ちゃんを産むためにも、妊娠中、出産後に母体の心身が健全であるためにも、妊娠前・中・出産後の栄養アプローチが非常に重要なのです。適切な栄養素摂取にて、多くの方が妊娠可能となります。

ページの先頭に戻る

クリニック紹介

名称 gdm clinic
所在地 岡山市北区下中野356-101 スプレンドーレ下中野1階A
院長 森谷 宜朋
診療科目 婦人科・内科
診療時間 9:00~12:30 / 15:00~18:00
(土曜は9:00~12:30のみ)
休診日 日曜、祝日
電話 086−239−9541
<完全予約制>
E-mail info@gdm-eiyo-clinic.com

院長紹介

院長

森谷 宜朋(もりや よしとも)
出身校:岡山大学医学部
勤務略歴:岡山大学付属病院、岡山赤十字病院、福山第一病院、国立福山病院、井原市立井原市民病院etc.

診療案内
婦人科・内科

不妊・流産
月経異常・ホルモンバランス異常
男性不妊などを
分子整合栄養療法にて治療します



妊娠体質になりたい人は、肉をたべなさい。

肉食女子の肌はなぜきれいなのか?