身体に優しい自然な不妊治療を実践する
gdm clinic(岡山)

岡山gdm clinicでは、分子整合栄養療法による自然で身体に優しい不妊治療を実践しています。

栄養療法による不妊治療とは

不妊でお悩みの方は最近かなり増えています。しかも、卵管、卵巣、子宮、精子などに異常が認めらない原因不明の不妊症のケースが多くなっています。原因不明の不妊症のことを原因不明不妊症機能性不妊症と言います。原因が不明なので有効な治療方法がなく、やむなく体外受精や顕微授精をしている方が殆どです。

しかし、高度な不妊治療をしてもなかなか着床しないのが現実で、治療費もかなりの高額になってしまいます。分子整合栄養医学では、原因不明不妊症は栄養欠損が原因であると考えています。
「現代は飽食の時代なのに栄養不足の人なんて」と思う方も少なくないでしょうが、実際当院で血液検査をすると細胞分子レベルでの大幅な栄養欠損状態の女性がかなりいらっしゃいます。栄養欠損になる原因としては、間違った食生活や無理なダイエット、スリム願望などが考えられます。

排卵、受精にはエネルギーが必要ですが、エネルギー産生には栄養が不可欠です。性ホルモンを作るにもコレステロールなどの栄養が材料として必要です。また子宮内膜もタン白質、ビタミンA、鉄などの栄養でできています。母体の栄養状態が悪いと胎児の成長発育に支障が生じるので、自己防衛的に生体は妊娠しないようにします。仮に妊娠したとしても妊娠の継続が不可能となり流産してしまったり、皮膚や気管支粘膜の弱いアレルギー体質の赤ちゃんが生まれたりします。妊娠はゴールではなくスタートにすぎません。母体が健康な状態で元気な赤ちゃんを産むことをゴールにして、しっかりと栄養補給をすることが重要です。

またホルモンバランスが悪い・排卵しないなどの月経不順でお悩みの女性も少なくありません。一般の産婦人科医は、ホルモン剤や排卵誘発剤などを使いますが、これは根本的な問題を解決していません。ホルモンバランスが悪い・排卵しないなどの月経不順も栄養欠損が背景にあります。性ホルモンは食べた栄養から合成されます。ですから月経不順・ホルモンバランスの乱れに対しても栄養療法が功を奏しますので、排卵誘発剤などの薬は使いません。

人間の体にはホメオスターシス(生体恒常性)が備わっています。しかし栄養欠損があるとホメオスターシスが破綻し様々の症状・病気が引き起こされます。細胞の分子レベルでの栄養濃度を高めることで、ホメオスターシスが回復し、ホルモンバランスや月経不順も解消されます。薬を使わず健康な赤ちゃんを産みたいとお思いの方は是非栄養療法をお試し下さい。

不妊最大の原因は栄養欠損" 月経不順も栄養欠損が原因 地図
ページの先頭に戻る

クリニック紹介

名称 gdm clinic
所在地 岡山市北区下中野356-101 スプレンドーレ下中野1階A
院長 森谷 宜朋
診療科目 婦人科・内科
診療時間 9:00~12:30 / 15:00~18:00
(土曜は9:00~12:30のみ)
休診日 日曜、祝日
電話 086−239−9541
<完全予約制>
E-mail info@gdm-eiyo-clinic.com

院長紹介

院長

森谷 宜朋(もりや よしとも)
出身校:岡山大学医学部
勤務略歴:岡山大学付属病院、岡山赤十字病院、福山第一病院、国立福山病院、井原市立井原市民病院etc.

診療案内
婦人科・内科

不妊・流産
月経異常・ホルモンバランス異常
男性不妊などを
分子整合栄養療法にて治療します



妊娠体質になりたい人は、肉をたべなさい。

肉食女子の肌はなぜきれいなのか?